洋邦問わず自分の好きな音楽(主にギターロック)の話題を中心に、興味のあることや日々の由無し事、たわ言などを綴っとります。ゆるく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TIRED OF HANGING AROUND / THE ZUTONS


最近フジロックに備えて珍しく貪欲に出演アーティストの新譜を買い漁っております。漁ると言う程でもないかな・・・。ここのところ気になるバンドのリリースラッシュだし。
ということで、ズートンズの新譜。

リバプール出身の5人組でコーラルと同じレーベルから2004年にデビュー。本作がセカンドアルバム。
UKロックって土地の広さのわりには地域によって結構はっきり特徴があって面白い。マンチェスター、ロンドン、グラスゴー、ウェールズ等など。後から出身地を聞いて「あ~、やっぱり」とか思うこともよくある。
リバプールには所謂リバプール・サウンドってやつがあって、コーラルなんかはわかるんだけど、このズートンズはあんまりリバプールっぽくないね。
そもそも音楽自体カテゴライズするのが難しいような・・・。もともとソウル、ファンク、カントリー、サイケとか、表現しようという音楽もいろんなこと言ってるし評価でもいろんなジャンルを引き合いに出されたりしてるけど、それらを独自に消化してズートンズ・サウンドを作り出している。

しかし何と言ってもズートンズをズートンズたらしめているのには紅一点アビちゃんの存在が大きいね。彼女のサックス、コーラスがズートンズをこれだけ個性的な存在にしている一つの要因であることは間違いない。そしてかわいい(笑)。本作でもいい味出してくれとります。

先行シングル7「Why Don't You Give Me Your Love?」やRCみたいなサックスが印象的な8「Oh Stacey (Look What You've Done!)」もいいけど、軽快な1「Tired of Hanging Around」、3「Valerie」が凄くいい!

ライブの評価も高いようなのでフジが楽しみだけど、他にも観たいのと重なりそうな悪寒・・・。確か明日最初のタイムテーブル発表だよな~。
というか、3日も行けるだろうか・・・。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。