洋邦問わず自分の好きな音楽(主にギターロック)の話題を中心に、興味のあることや日々の由無し事、たわ言などを綴っとります。ゆるく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LAST DAYS


久しぶりに映画館に映画を観にいった。

ニルヴァーナのカート・コバーンをモデルにした映画だ。
けど・・・すっかり忘れてた、フィクションだっていうのを。何かで見たハズだけどだいぶ前だったからなぁ。
主人公が「ブレイク」と名前を呼ばれたときようやく思い出した。

まあ、カートの死の真相は想像するしかないわけだからフィクションなのは当たり前かもしれないけど、あまりにも淡々とし過ぎてたな。「まあ、カートの最期ってこんな感じだったかもな」って割と自分でも想像し得るような内容だったし、生と死についてならば実際にカートが死んだときの方が考えさせられたよ。

予備知識もなしに行ったのが悪かったけど、フィクションだろうがなかろうがニルヴァーナや親しかったバンドの演奏シーン、せめてBGMぐらいはその辺の音が聴けるかなと音楽的なことを期待してた自分にはちょっとガッカリだった。

でも作中主人公が弾き語ってた曲はクレジットみたら演者のマイケル・ピットが自分で作ったのかな?「あれ?ニルヴァーナの曲か?でも聴いたことないな」と思ったぐらいカートが作りそうな感じだった。
器用だね・・・。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
足跡たどってきました。はじめまして。
カートの映画ですか。知らなかった。

ニルヴァーナが親しかったバンドと言うと真っ先にソニックユースが思い出されます。あとはマッドハニーとかサウンドガーデン。この辺は同郷の先輩ですよね。きっとそれとカートがリスペクトしてたのは、ヴァセリンズとレインコーツですか。他にもあると思いますが、有名なのはこの辺でしょうね。ポジパンやらニューオーダー、ジョイディヴィジョンの影響も強そうです。
2006/05/21(日) 21:34:44 | URL | paaso #-[ 編集]
paasoさんはじめまして。コメントありがとうございます。
あくまでも"カートをモデルにした"映画ですけどね。しかし作品中本物のキム・ゴードンが出てきたのでびっくりしました。
2006/05/22(月) 12:50:19 | URL | ウェイ #bOGfW8IQ[ 編集]
所定労働時間と30代,40代の転職
所定労働時間とは、就業規則や雇用契約書で定められた労働者の労働時間のことをいう http://machinate.misterblackband.com/
2008/11/23(日) 08:03:04 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。