洋邦問わず自分の好きな音楽(主にギターロック)の話題を中心に、興味のあることや日々の由無し事、たわ言などを綴っとります。ゆるく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミリオンダラー・ベイビー


友人から「後半は悲しすぎるよ」と聞かされてたのでなかなか手がでなかったんだけど、ようやく観た。難しかったり重いとわかってる映画ってちょっと気合入れないと観れないんだよね・・・。

テレビCMだとボクシングの映画みたいだったけど、全く核心に触れてなかったんだね。後半があんな展開になっていたとは・・・。

ジムのオーナーでトレーナーのフランクは実の娘に絶縁され、関係は修復不可能な状態。もう一人の主人公マギーは幼い頃に愛する父を亡くし他の家族とはうまくかみ合わない。そんな二人がボクシングを通じて欠けた家族愛をお互いに見つけ、実の家族以上の信頼と愛情を築いていくのだが・・・。
むちゃくちゃ簡単に書くとそんな感じだけど人間の尊厳だとか宗教観だとかも絡んで、深くて考えさせられる話だ。そして泣ける。

しかし「ダンサー・イン・ザ・ダーク」とかもそうだけど、がんばってる人が自分以外の原因で不幸のどん底に叩き落されるっていうのは本当に心が苦しくなる。それでも観終わった後に嫌悪感が無かったのは、二人が血は繋がってなくても心から愛し、愛される家族に出会えたからだろう。

クリント・イーストウッド作品って監督作も出演作もほとんどまともにみたこと無いし、役者が監督した作品ってどうなのよ、とか思っていた自分が馬鹿でした。こんな素晴らしい作品を作れる監督だったんですね。恐れ入りました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
ダイエットとマンモグラフィーと美容のバランス
乳房専用のX線撮影装置のことで、乳がん検診には欠かせません http://garbo5.victoriaclippermagazine.com/
2008/11/27(木) 05:48:37 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。