洋邦問わず自分の好きな音楽(主にギターロック)の話題を中心に、興味のあることや日々の由無し事、たわ言などを綴っとります。ゆるく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE STONE ROSES / THE STONE ROSES


このアルバムもそうとう聴き込んだ。
最初は「Elephant Stone」にガツンとやられたんだけど、どの曲も煌びやかでサイケで気持ちいい。
静かなイントロから徐々に高揚していき、これから始まることへの期待感を膨らませてくれる「I Wanna Be Adored」はまさにオープニングを飾るに相応しい。
絶対的な幸福感に満ち、後半圧巻のインストで大団円を迎える「I Am the Resurrection」もいい。
「Fool's Gold」(ボーナス・トラックだっけ?)では、ファンキーで踊れるこんなにもカッコいいロックがあるってことを教えてもらった。

しかし、つくづく思うがローゼズがこの4人で始まったことはすごい奇跡的だ。
どうしようもなくヘタクソなのに、圧倒的な存在感とカリスマのイアンのボーカル。メロディメイカーであるジョンの超絶ギター。いつもニコニコムードメイカー、マニのグルーヴィーなベース。そしてローゼズになくてはならないファンキーでしなやか、変幻自在なレニのドラム。
どれか一つでも欠けてはならないんだけど、やはりこれだけ個性が強いメンバーだから残念ながら解散も早かった。

一度だけローゼズのライブを観ることができたが、衝撃だった。
それまでライブでは可能な限り前の方で観ようと必死だったが、ローゼズのライブでは(まあごく前の方はさすがに違ったかもしれないが)みんな思い思いに体を揺らして踊ってる。それがめちゃくちゃ楽しくて、「あ、こういうのもアリなんだ!」と目から鱗が落ちた。
残念だったのはレニが脱退した後だったので、あのドラムが観られなかったことだ。

最近メンバー間の交流の噂がちょくちょく聞かれ、あとはイアンとジョンの関係さえ修復されればオリジナルメンバーでの再結成もありそうなんだが・・・。頼むから意地張ってないで仲直りしてくれ!もう一回ライブ観たいよ~!!
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
このバンドは最初の4人でなけりゃダメですね。
レニが抜けた後は抜け殻だった・・・
これほどドラムが重要なバンドもめずらしいかな。
2006/03/02(木) 10:29:08 | URL | nasumayo #-[ 編集]
ですね。
レニはその後ドラム以外のパートでバンドやってるとかちらほら噂があったけど、あのドラムを埋もれさせちゃうのは本当に惜しいっス。
2006/03/02(木) 18:22:43 | URL | ウェイ #bOGfW8IQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。