FC2ブログ

洋邦問わず自分の好きな音楽(主にギターロック)の話題を中心に、興味のあることや日々の由無し事、たわ言などを綴っとります。ゆるく。
フジロック 第一弾アーティスト発表
Broken Social Scene
Flogging Molly
Franz Ferdinand
THE HIVES
MOGWAI
North Mississippi All Stars
大江慎也
Red Hot Chili Peppers
Scissor Sisters

・・・あまり驚きはないね。
強いて言えばフランツ観たことないから観たいかな。ミーハーですから。
あとレッチリはフジで2回とも観たけど、何回でも観たい。
モグは去年朝霧で観たしなぁ・・・。

でもフジはあの場所の雰囲気とか飲み食いだとか、そんなんがとにかく楽しい。プラスいいライブが観られればホント最高!! ・・・って逆だよな、普通。

まあ、発表もまだまだこれからが本番だしね。今年は活きのいい新人もけっこういると思うし、ミーハーのツボを突いたラインナップも頼んますよ~。
スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

THE STONE ROSES / THE STONE ROSES


このアルバムもそうとう聴き込んだ。
最初は「Elephant Stone」にガツンとやられたんだけど、どの曲も煌びやかでサイケで気持ちいい。
静かなイントロから徐々に高揚していき、これから始まることへの期待感を膨らませてくれる「I Wanna Be Adored」はまさにオープニングを飾るに相応しい。
絶対的な幸福感に満ち、後半圧巻のインストで大団円を迎える「I Am the Resurrection」もいい。
「Fool's Gold」(ボーナス・トラックだっけ?)では、ファンキーで踊れるこんなにもカッコいいロックがあるってことを教えてもらった。

しかし、つくづく思うがローゼズがこの4人で始まったことはすごい奇跡的だ。
どうしようもなくヘタクソなのに、圧倒的な存在感とカリスマのイアンのボーカル。メロディメイカーであるジョンの超絶ギター。いつもニコニコムードメイカー、マニのグルーヴィーなベース。そしてローゼズになくてはならないファンキーでしなやか、変幻自在なレニのドラム。
どれか一つでも欠けてはならないんだけど、やはりこれだけ個性が強いメンバーだから残念ながら解散も早かった。

一度だけローゼズのライブを観ることができたが、衝撃だった。
それまでライブでは可能な限り前の方で観ようと必死だったが、ローゼズのライブでは(まあごく前の方はさすがに違ったかもしれないが)みんな思い思いに体を揺らして踊ってる。それがめちゃくちゃ楽しくて、「あ、こういうのもアリなんだ!」と目から鱗が落ちた。
残念だったのはレニが脱退した後だったので、あのドラムが観られなかったことだ。

最近メンバー間の交流の噂がちょくちょく聞かれ、あとはイアンとジョンの関係さえ修復されればオリジナルメンバーでの再結成もありそうなんだが・・・。頼むから意地張ってないで仲直りしてくれ!もう一回ライブ観たいよ~!!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

(WHAT'S THE STORY) MORNING GLORY? / oasis


ちょっとベタすぎるな~。しかしoasisは日本デビューする前から注目してて今までずっと聴き続けてる数少ないバンドの一つだ。自分が洋楽にのめり込みはじめた頃からだから思い入れがあるんだよね。
シングルも途中までは集めてた。oasisはカップリング曲もいいから。

そして人生で初めてライブというものを体験したのもoasisだった。ちょうどこのアルバムが出る前、シングル「ROLL WITH IT」が出た直後ぐらいで、2回目の来日になるのかな?
ホントはその半年ぐらい前に来る予定だったのが延期になって、「中止じゃないんだし・・・」と思ってチケット払い戻しせずに持ってたら優先で会場に入れてもらえて前から2列目ぐらいで観れた。
今じゃ考えられないオールスタンディングのホールで開始直後からすごいモッシュに遭い、「なんじゃコリャ~!?」「い、息ができん!」「身動きとれん!持ってかれる~!!」と、ライブ初体験にして凄まじい目にあったのを今でもはっきりと覚えている。
音もギターとか歪ませ過ぎで最悪だったけど、想い出としてはサイコーだ!

このアルバム好きな曲多いけど、自分が一番好きなのは「SOME MIGHT SAY」。全部の曲の中でも1、2を争うぐらい好きかな。かわいそうなトニー、最後の勇姿。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

weezer / weezer


新譜ネタも尽きてきたんで、所有CDの中から好きなものをピックアップしてレビューしてみようかと思う。

まずはweezerのファーストを。
好きすぎる。捨て曲なし。全部いい。もうホント狂信的な程に好きなアルバム。でもおでバカだから当時はドポップなものが大好きでこのアルバムはそんなに好きじゃなかったんだな。
時間が経つにつれてじわじわ好きになっていって、バンドでコピーしてみて決定的に好きになった。

何と言うか、こういう曲は作ろうと思っても作れるもんじゃない。
weezerをエモの走りだと言う人もいるが、今のエモとはちょっと違うよな。
"切なさ"とか"悲しさ"を(悪く言えばベタに)表現した曲やバンドは数多あるけど、加えて"不器用さ"を表現できるバンドっていうのはそういないと思う。Vo&GtのリヴァースはHR/HMの影響でギターはうまいしバンドの演奏はしっかりしている。なのにどこか不器用で青臭い感じが曲から漂ってくるんだよな。音楽でこれだけ感情(ちょっと偏ってるけど)を表現できるのは天才的だと思うし、それを全ての曲でやってるところがこのアルバムの奇跡的なところだと思う。

今のweezerの曲も相変わらずひねくれたセンスは健在だし好きだけど、これ程までに胸を締め付けられるような感じは無い。やっぱり当時だからできたんだろうな。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

lllll( TдT )lll ガ~ン!
フジロックのぉォォォォ!
                   "ー○| ̄|_ ハァハァ

早割にぃィィィィ・・・ ッぐはぁ!!
                   〟_○/|_ プルプル

ハズれた!!!
                   〟_○__ ガクッ


もともとギャンブルとかクジ運とかはダメなんだが・・・辛いぜ。
去年の朝霧JAMの場内駐車場もハズれたし、最近こういうもんに当たったためしがないな~。
I'm a loser baby だよ、マッタク。

あ~あ!どーしよっかな~。39,800円高ぇな~。
ラインナップ見てから2日だけ行こうかしらん。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

EL PRESIDENTE / EL PRESIDENTE
B000CFWP5G.01.TZZZZZZZ.jpg

グラムじゃん。T-REXじゃん。カッコいいというより面白いっていう目で見ちゃうな~。T-REXは「カッコいい」だけどね。

音を聴いたことなくて、記事とかも読む前の写真だけのイメージだとROXY MUSICあたりに近いんかな(あれもグラム・ロックか)、とか想像してた。
特にボーカルの人は絶対ブライアン・フェリーとかジャービス・コッカーみたいな渋い声だと思ってたんで、あの妙に甲高い「ウィッザウチュ~ゥ♪」を聴いたときは笑った。

オアシスをはじめとした有名バンドのサポート・アクトやフェス出演など活動は順調そうだが、どこか下世話、B級、チープ、胡散臭いって感じがしてすぐ消えそうな気もするんだけど、好きだなぁ、こういうの。ライブは間違いなく楽しいよな~。

写真でいつもボーカルに寄り添ってるエロい秘書の様な愛人の様なヒトは、ドラマーだったのね(笑)。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

珍 NG & RARE TRACKS / NUMBER GIRL
B000BRWJ9M.01.TZZZZZZZ.jpg

またちっとも新しくないレビューを。
これホント寄せ集めみたいな感じで、自主制作テープやデモの音なんかはやっぱヒドイ!
でもファンにとってはたまらないレアな音源が詰まってる。音は悪いけど初期のポップな感じがすごい好きだな。ちょっと恥ずかしい歌詞(タイトルもか)の「おおキャンディ」とか。

個人的には入手困難なコンピ「SUPERNOVA vol.1 UNI」収録の2曲が聴けるのが嬉しい。
「SAMURAI」はライブは聴いたことあるけど、スタジオ録音の音が聴いてみたかったし、何と言っても「ウェイ?」。DVDの映像作品集で初めて聴いて「めちゃくちゃカッコいい!」と思って、すごい聴きたかったんだよな。この曲って初期の集大成的な曲と言っても過言ではないと思うんだけど・・・自分だけか。ライブで聴いてみたかったな~。

とか言いつつ、いちばん聴いてるのは「真っ昼間ガール(田渕ひさ子Ver.)」だったりして。
ブリブリの歌い方に”萌え”だ。

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

First Impressions of Earth / The Strokes
B000BWI9U0.01.TZZZZZZZ.jpg

ストロークスの最新アルバム。前作に比べても、よりタイトな感じになったなぁ。音質はすごい良くなってると思う。この辺はプロデューサーが変わった影響なのかな。

相変わらず何となく無機的な演奏に、ベビーフェイスのクセに渋くて時に熱いジュリアンのボーカルが乗っかったストロークス節がカッコいい。ただ個人的にはファーストみたいにちょっとヘロヘロ感がある方が好きかな。

あ~、またライブ観たいな~。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Arctic Monkeys
いや~、買っちゃったよ、チケット。4月3日クラブダイアモンドホール。どうしようか迷ってたけど、イギリスじゃチケット取れないぐらいの人気だしぃ、というミーハー根性で。
日本じゃまだチケット争奪戦、なんてことはなくて余裕だな。名古屋だけか?

夏フェスとかで来そうな気もするけど今年はフジしか行かないつもりなんで、興行主がクリエイティブマンということを考えると、出るとしてもサマソニかな、と思ったりもして。

話が逸れるが、いつもサマソニ行く場合は宿泊の関係で大阪会場なんだけど、あの会場どうにかならんかな。イベント内容自体も東京と差があり過ぎるけど、何より音が悪すぎる。去年La's観たさに行ったけど野外のメインステージは「なんじゃこりゃ?」っていうぐらい音小さいし。苦情で年々音小さくなってるみたいだけど、結局今年も同じ場所みたいだな。難しいとは思うが場所変えるとかしてもらわないと、あれじゃ行く気なくなるよ。
・・・でも毎年ツボを突いたラインナップ出してくるんだよな~。

それはそうと、Arctic。外タレの単独ライブ行くの久しぶりだから今から楽しみだー。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

NIKKI / くるり
B000BM6KNS.09.TZZZZZZZ.jpg

なんかだんだん発売日をさかのぼってるけど・・・。くるり。
「Baby I Love You」が好きだ。詩はすごい短くてシンプルなんだけど、それが逆に多くを語られるよりも伝わってくる。
「お祭わっしょい」のサビがキレイなメロディーになるのが自分としてはちょっと残念かな。前半のハジけた感じでいって欲しかった。

しかしこれだけメジャーになってきてもツアーで地方のライブハウスを回ってくれるのはうれしい。でも今回ウチらの地元は外された。( ;´Д`)ガーン

岸田氏は最近眼鏡してないね。どこどこで壊れた、みたいなこと言ってたけど、これだけ眼鏡ブームになってくると嫌にもなるかも・・・。

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

FUJI ROCK FESTIVAL'06
fuji_logo.gif

忘れてたよ、フジロックの早割申し込み。申し込み期間は19日までで、抽選になるから早かろうが遅かろうが関係ないんだろうけど、いつもツレに頼んだり自分で申し込んだりする場合、受け付け始まったらすぐ申し込んでてハズれたことないからなぁ。単に運が良かっただけか・・・。

今年は10周年目だし、行きたいんだよな。当たるといいな。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

ZAZEN BOYSIII /ZAZEN BOYS
B000CBLPM4.01.TZZZZZZZ.jpg

引き続き最近買ったCDの感想を。ZAZEN BOYS、ますますヘンタイっぷりに磨きがかかってきた感じですな。ジャジーって言うの?ポップ人間にはちょっと難解だ。

最初は歌詞もへんだな~と思ってたけど聴いてるうちにだんだんハマってきた。「ブッカツ帰りのハイスクールボーイ カイッグイッ」とか。知らない人には聴かせられんけどね。

もうすぐツアーで近くに来るが去年の11月に観たからまあいいや、と思ってたけどツェッペリンな「RIFF MAN」を生で聴きてーなー。

飛び出る!昇りりゆぅ!

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Whatever People Say I Am... / Arctic Monkeys
whatever...

2月9日は福の日。まあ縁起がいいわ。で、ブログを始めてみることにした。思いつきでいろいろ書いていきたいね。


とりあえず、最近買ったCDのレビューなんぞしてみるかな。ということで、話題のArctic Monkeys。若い。まさに疾走感溢れる、といった感じだ。ネットや口コミで火がついたらしいけど、それにしてもイギリスでの人気は異常じゃないか?ニューウェーブ系も下火になってきて、みんなこういうストレートな感じを待ってたのかな。といってもゴリゴリ骨太ハードロックでもないし、ヘロヘロガレージロックでもないし、絶妙ないいバランスにあると思う。

聴いたことないけどシングルカップリングの「Chun Li's Spinning Bird Kick」というタイトル見たときは、バカっぽいのか?と思ったが、やっぱカッコいいもん「I Bet You Look Good・・・」とか「Dancing Shoes」とか。

雑誌の記事かなんかで、これだけ異常な盛り上がりにも本人達はちゃんと自分達の音楽を客観的に見れてるようだったから、これからの進化も楽しみだな。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Disk Review 一覧

ARCTIC MONKEYS / WHATEVER PEOPLE SAY I AM THATS WHAT I AM NOT


BLUR / MODERN LIFE IS RUBBISH


CLAP YOUR HANDS SAY YEAH / CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
COLDPLAY / X & Y


DAVID BOWIE / ZIGGY STARDUST
DIRTY PRETTY THINGS / WATERLOO TO ANYWHERE


EL PRESIDENTE / EL PRESIDENTE


KULA SHAKER / K


THE LA'S / THE LA'S


MATTHEW SWEET / GIRLFRIEND
MY BLOODY VALENTINE / LOVELESS


NUMBER GIRL / 珍 NG & RARE TRACKS


OASIS / (WHAT'S THE STORY) MORNING GLORY?


くるり / NIKKI


RED HOT CHILI PEPPERS / STADIUM ARCADIUM


THE SMITHS / RANK
SNOW PATROL / EYES OPEN
THE STONE ROSES / THE STONE ROSES
THE STROKES / FIRST IMPRESSION OF EARTH
SUEDE / SUEDE


TEENAGE FANCLUB / GRAND PRIX

V
VELVET CRUSH / TEENAGE SYMPHONIES TO GOD


WEEZER / WEEZER
THE WONDER STUFF / CONSTRUCTION FOR THE MODERN IDIOT


ZAZEN BOYS / ZAZEN BOYS Ⅲ
THE ZUTONS / TIRED OF HANGING AROUND